面接対策 志望動機

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

転職の際の志望動機

 

看護師イメージ

転職を考えている看護師も多いですが、中には特養看護師への転職を考えている方も少なくはありません。

病院と違い、特養看護師は残業や夜勤がない仕事として人気があり、育児をしながら働く看護師を中心に注目を集めています。

また、高齢化社会が進むにつれて、介護施設での看護師の需要が高まり、好条件で転職をする事が出来るとして、病院勤務から介護施設勤務へ転職を考える看護師が増えています。

特養看護師へ転職をするためには面接をクリアする必要があります。

どのような仕事であれ、必ずある面接ですが、この面接でいかに特養看護師と言う職業に対しての意欲があるのかと言う事をアピールする事が出来なければ、特養看護師としての転職は出来ません。

そのため、特養看護師への転職を成功させるためには、面接対策を取る必要があり、その中でも志望動機をしっかりと考えておく必要があります。

志望動機を考えるうえで必要なこと

 

特養看護師への志望動機として考えるべきは、特養の運営母体の経営理念を知ることが必要です。

特養は高齢者が終の棲家として選択をした場であり、残りの人生を穏やかな気持ちで過ごすことを希望する方が多く住まうところです。

そのため、看護師に求められるのは、入居者の高齢者がいかに安心して残りの人生を楽しむことが出来るかということであり、そのための能力を期待しています。

特養看護師の志望動機として必要なのは、自分であれば、どれだけ高齢者に安心感を与えることが出来るかということであり、特養の経営理念に沿った仕事をする事が出来る有能性を示すことにあります。

育児や家庭を持っている方は、家庭環境などの問題で出来るだけ残業や夜勤のない職場を探すものです。

しかし、それは個人の問題であり、仕事をする上で全く必要のない情報になります。

特養としては、どれだけ看護師が有能であるのかと言うことが重要な問題であって、看護師の家庭環境などに関しては、二の次の問題になります。

そのため、志望動機も家庭環境の問題ではなく、自分の有能性をアピールすることが大切です。

そうはいっても、志望動機を考えるのは非常に難しく、大変なものです。

そんなときには、人材紹介会社や、転職支援サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

求人を探したり、履歴書の書き方や志望動機を考えたりなど、転職するうえでのアドバイスももらえます。

転職支援サイトについては、こちらでご紹介していますのでご覧になってみてください。