特養看護師 やりがい

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

仕事のやりがい

 

看護師イメージ

仕事をする上で大切なのは、その仕事に対してやりがいを感じることが出来るかどうかです。

やりがいは仕事への意欲になり、意欲は真摯に仕事に向かう活力になります。

やりがいを見出すことが出来なければ、どのような仕事でも長続きはしません

看護師という職業は患者の命に関わる仕事になり、それだけに大きなやりがいを見つける事の出来る仕事です。

特養看護師として病院以外の施設で働く場合も同様に大きなやりがいを感じることが出来ます。

特養看護師のやりがいは、入居者の高齢者の健康が維持されていることを実感する瞬間にあります。

特養に入居している高齢者は身体的な問題を抱えている方が多く、認知症を始め、糖尿病などの生活習慣病を患っている方も少なくはありません。

そうした方の体調管理をする事で、症状が悪化せず、穏やかに日々を過ごすことが出来るのは、やはり特養看護師の力が大きく関係しています。

やりがいを感じる瞬間とは

 

体調管理などは医療的な知識がなければ十分に行なう事が出来ず、やはり看護師の力が不可欠です。

看護師として医療の専門家の知識、技術を駆使し、入居者の健康管理をした結果、状態の改善までは行かずとも、現状維持などをする事が出来るようになるのも事実です。

そのため、入居者が体調不良に悩まされずに穏やかな日々を送ることが出来るというのは、一重に特養看護師の力あってのものと言えるでしょう。

はっきりと目に見える成果ではありませんが、持病がある入居者の苦しみの緩和や改善をする事で、入居者の表情も穏やかなものになります。

眉間にシワを寄せていた入居者の表情が丸くなったり笑顔になったりなど、何かしらの変化が見られるようになれば、特養看護師として働くやりがいを感じることが出来るはずです。

小さな変化かもしれませんが、特養看護師として働いた結果、入居者の心理にいい影響を与えることが出来るというのは大きな意味があります。

終の棲家で穏やかに過ごすことが出来れば、末期の瞬間を充実した面持ちで過ごすことも出来ます。