特養看護師 悩み

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

特養看護師特有の悩み

 

看護師イメージ

どのような仕事であれ、何かしらの不満や悩みを抱えているものです。

特に看護師という職業は命に関わる大切な仕事となっており、自分の行動がそのまま患者の命を左右することになると言う事に不安を感じる方も多くいます。

病院ではなく特養で働く看護師にとっても、環境は変われど、同様に何かしらの悩みを抱えているものです。

特養看護師が抱える悩みの多くは、職場の人間関係に関するものが多くなります。

業務に関しては病院と違い、それほどに悩むことなどはありません。

しかし、問題になるのは、特養で働くスタッフ間の連携の問題になります。

看護師として当たり前に行なう仕事の中には、介護士が通常業務として行なっていたものなどもあり、しばしば介護士との業務の区別が難しくなることがあります。

特養看護師の悩みを軽くするには

 

また、食事に関して例をあげると、看護師と介護士の観点が異なり困ることもあります。

例えば、介護士としては、日常的に行なっている食事管理ですが、入居者の体調や咀嚼の状況によっては、食事にもある程度の工夫が必要になることもあります。

看護師として、医療の専門家としての見解からは、工夫が必要と言う事もありますが、介護士は日常的に行なっている業務でも問題なく食事をさせることが出来ると判断することもあり、食事管理に関して看護師と介護士の間で意見が食い違うこともあります。

他にも看護師と介護士の間で意見を交わさねば業務が進まないこともあり、それが特養看護師のストレスとなるケースも多くあります。

介護士と特養看護師の連携が取れることがベストな状態ですが、忙しい現場ではなかなか難しいのが現実です。

看護師がやるべき事、やらなければならない事、介護士がやるべき事、介護士でも出来る事と言うものをしっかり区別して明らかにしておかなければ、それぞれの役割がバッティングしてしまうことにもなります。

これ自体の問題は特養の経営者がしっかりと判断をして決めなければならない問題ですが、そこまで回らないのが実情です。

いかに現場の介護士と連携を取るかと言うことが特養看護師の悩みを軽くしていくことにつながっていくでしょう。