新人看護師 転職

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

新人看護師でも働ける?

 

看護師イメージ

特養看護師への転職を考えている方の中には、新人看護師も多くいます。

また、看護学校を卒業した方も病院ではなく、特養への就職を考えている新卒も少なくはありません

特養看護師は新人でも問題なく勤めることができるのかと不安になっている方もいるかもしれませんが、病院の様々な診療科と違い、特養看護師は特別なスキルなどを必要としない事もあって、新人看護師でも比較的容易に業務をこなすことが出来ます。

通常、新人看護師には、必要以上に責任の重い仕事や専門的な業務などは担当させません。

一つのミスが患者の命に関わることが多いため、看護師としての基本的な業務から始め、徐々に能力に見合った仕事を任せるようにするのが病院の看護師の特徴でもあります。

基本的なことから覚え、徐々に看護師として成長をしていくものですが、中には命の現場と言う環境に耐え切れずに転職を考える新人も少なくはありません。

特養看護師の仕事

 

現在、看護師を必要としているのは病院だけではなく、介護施設も病院同様に看護師を必要とする施設になっています。

高齢化社会で高齢者が増えたことで、特養を含めた介護施設への看護師配置が義務付けられ、有無を言わさずに看護師を配置せざるを得なくなったことによって、特養看護師の需要も高まっています。

特養における看護師の役割は、基本的に介護士と同様の業務と入居者の健康管理になります。

専門的な技術は必要なく、ごくごく初歩的な看護師の技術があれば勤めることが出来るため、特養看護師は新人でも問題なく業務をこなすことが出来ます。

基本業務は介護士と同様に入居者の介助がメイン業務となっており、バイタル確認や服薬の管理、食事管理など看護師としての業務以外では入居者の介助が主だった業務となります。

専門的な知識や技術が必要なく、比較的軽微な業務である事もあり、新人の看護師でも苦労をせずに仕事をする事が出来ます。

ただし、看護師としてのスキル向上は期待ができませんので、新人から特養看護師に勤めた場合、病院へ転職することが難しくなる可能性があります。