特養看護師 役割

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

特別養護老人ホームで働く看護師の役割

 

看護師イメージ

看護師にはそれぞれ役割があり、全ての看護師が同一の役割を持って仕事をしているというわけではありません。

病院に勤務する看護師にも、診療科ごとに割り当てられた役割があり、それらを全うすることで病院の運営がなされています。

例えば内科や外科、心療内科、消化器内科、脳外科など様々な診療科がありますが、それら全ての看護師は、それぞれの役割を持って仕事をしています。

病院以外で働く看護師も同様で、その職場で求められる役割をこなさなければいけません

病院外で働く看護師で最もポピュラーなのが特養看護師になります。

特養(特別養護老人ホーム)で働く看護師ですが、病院で働く看護師とは、全く違った役割を持つことになります。

介護士と看護師の役割

 

特養看護師の仕事における役割は、一言で言えば、「入居者の健康管理」になります。

特養に入居している高齢者の多くは、身体に何かしらの問題を抱えていることが多く、持病や怪我などを始め、肉体機能の低下は免れません。

そうした入居者は、投薬、点滴などを必要とする事もあり、体調管理などをするためにはバイタルのチェックなどもしなければなりません。

特養には基本的に介護士が常駐していますが、介護士では行えないような医療行為や専門的な看護の部分を特養看護師が担当すると考えるといいでしょう。

例えば、日々の体調確認やバイタルチェックなどは介護士では判断をする事が出来ない部分になりますし、 服薬管理なども薬に関しての知識の乏しい介護士では管理をする事が難しくなってきます。

入居者の介助、介護などに関しては、専門の介護士に任せ、医療に関係する部分は特養看護師が担当するというのが、特養看護師の主だった役割になります。

入居者の体調不良などで医療機関の協力が必要になる場合などには、属託医や付近医療機関と連携をして処置に当たることが必要な場合もあります。

病院に比べれば、日々の忙しさは感じないかもしれませんが、高齢者の場合、突然に容態が変わってしまう方もいるため、気を抜くことが出来ないのは病院と変わらない職場でもあります。