特別養護老人ホーム 看護師の役割

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

転職の前に知っておきたい役割

 

看護師イメージ

看護師の存在を必要としてるのは病院だけではありません

高齢化社会になったことで、高齢者の数が増え、老人ホームなどの需要も高まります。

高齢者は何かと肉体的な問題も多く、持病を抱えている方も多くいます。

現在、老人ホームなどの介護施設への看護師配置が義務付けられており、医療機関と介護施設での看護師の争奪戦が繰り広げられています。

看護師の転職先としても特養を始めとした介護施設もあり、より条件のいい職場を探している看護師も多くいます。

特養看護師への転職を考えている方もいますが、特養看護師がどのような仕事であるのかと言う事を理解していなければ、現場で困ってしまうことにもなってしまいます。

特養看護師の仕事は、簡単に言えば、特養(特別養護老人ホーム)へ入居している高齢者の健康管理になります。

バイタルチェックや入浴、排泄の介助、服薬管理、リハビリの介助などが主だった仕事になり、食事の管理なども特養看護師の仕事の一つになります。

特養看護師の役割についてはこちらで詳しく説明しています。

介護師との連携を取ることが大切

 

特養老人ホームの介護士と業務が被ることもあり、基本的には介護士と同等の仕事であると理解をするといいでしょう。

しかし、特養看護師にしか出来ない業務などもあり、特養看護師が担当すべき業務と介護士に任せればいい業務をしっかりと把握しておかなければいけません。

特養看護師と介護士は入居している高齢者のケアをすると言う一点においては同じ業務になります。

しかし、看護師という専門性の高い職業の観点からすれば、特養の高齢者に必要な看護はもちろん行うことになります。

また、急変が起こることも稀にあるので、その際には状況判断を的確に行い、提携している病院との連絡をスムーズに行えるようにします。

特養看護師へ転職をする場合には、現場で働く介護士との連携をしっかりと取り、特養看護師がするべき仕事を把握して、きちんと業務をこなすことが大切です。

残業や夜勤がないと言う部分で病院よりも環境がいいと思われるかもしれませんが、相手が高齢者であるため、肉体的な負担は病院と大差ない程度の業務である事も多くあります。