特別養護老人ホーム 看護師の仕事

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

特養での看護師の勤務、仕事

 

看護師イメージ

特別養護老人ホームでのお仕事に興味を持ち、転職を検討されている看護師さん向けに情報を掲載しています。

一般的に、介護施設で働く看護師は、残業も少なく大体定時で帰れるというイメージがあるかと思います。

雇用形態も常勤、非常勤・パートと様々な求人を見ることができますので、ご自身の家庭状況、希望の働き方をある程度実現しやすいのではないかと思います。

病院勤務の場合、どうしても残業や夜勤といった事も考えなければならない職場が多いですから、家庭と仕事を両立しやすい日勤常勤の働き方として、介護施設での仕事は近年注目されてきています。

高齢化社会を迎えてから介護施設からの看護師求人ニーズも高まっており、施設も増え求人数も増えてきていますので、お住まいの地域でお仕事を得やすい状況と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、原則夜勤がないため、給料・年収としてはやはり病院勤務の看護師の給料と比較をすると下がる傾向にあります。

看護師の重要な役割

 

看護師の仕事内容は特別養護老人ホームでの看護師 仕事内容も参考にして頂きたいですが、入浴・排泄・食事などの介護を中心とした仕事内容となる施設が多いです。

時折、看護師としてそうした介護には関わらない方針のところもあるようですから、転職をお考えになっている場合には、どこまでを看護師として関わっているのか事前に確認することが重要です。

老人介護の仕事をしたくて転職したのに、実際にはほとんど関わる機会が無かった・・・というのでは転職した意味がありません。

ただし、多くの施設の場合には、介護スタッフと協力して入浴・排泄・食事介助などに当たる事が多いようです。

看護師の重要な役割としては、薬管理、医師との連携があります。
常駐医師は居ませんから、体調の急変などがあった際には、医師に連絡をして対応にあたる役割を看護師が果たす事になります。

職場によって仕事の進め方など大きく違うこともあるようですが、ご利用者の終焉期までお世話する事も多く、基本的にはお一人お一人とゆっくり向き合って、ケアしていくことができる職場です。

老人が好きで、人とコミュニケーションを取ることが好きで聞き上手な方は、向いているといっても良いかもしれません。