特養看護師 看護師 役割

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

トップ

当サイトのおススメ人材紹介会社

 
 

ナース人材バンク

看護師の資格を活かし、介護施設で働く方が増えています。

その大きな理由として、高齢化社会が進む中、施設の数も増えてきており、それに伴い、看護師の求人も増加していることが上げられます。

介護施設は、日勤専従で働き、家庭と仕事の両立をしたいと考える看護師の方の転職先、復職先として注目されています。

こういった施設の看護師求人を探す際にも、やはり転職サイト、人材紹介会社を活用しましょう。

当サイトのおススメは、「ナース人材バンク」です。

丁寧なサポートで人気の高い人材紹介会社です。紹介実績は業界トップクラス。介護施設の看護師求人が多数掲載されており、家庭と仕事を両立したい方にもオススメのサイトです。

 

このホームページを見る

特別養護老人ホーム(特養)の看護師求人・募集

 

特別養護老人ホーム(特養)の看護師求人・募集

特別養護老人ホーム(特養)での看護師さんの役割・仕事内容などを始め、転職・お仕事探しに関する情報を中心に掲載いたします。

看護師さんの転職先として、現在は様々な選択肢があります。

現在では民間企業(主に治験関連企業)や保育園といったところからも求人がありますし、訪問看護ステーション、訪問入浴といった介護事業所からの求人も増えてきています。

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

転職を検討されている看護師の方も多いようです。

基本的には特養でのお仕事は、日勤専従で夜勤無しの働き方となります。

そのため、家庭や育児、そして看護師としてのお仕事を両立させたいと考える方が転職される事も多いです。
また、病院での慌ただしい看護ではなく、ゆったりとお一人お一人と関わって看護をしたいと考えるナースの方もお仕事を希望されています。

特養看護師の仕事内容

 

しかし、特養看護師として具体的にどういった仕事内容、役割を果たしていけば良いのかと気になる方も多いと思います。

特養における看護師の仕事内容・役割はそれぞれの施設によって違うのが実情ですが、共通して行うであろう業務内容として、バイタルチェック、嘱託医とのパイプ役、薬の管理、入浴・排泄介助、機能訓練補助などがあります。

このあたり、仕事内容は施設によって違ってきますので求人への応募の前に確認されることが必要です。

特別養護老人ホームでのお仕事は、病院勤務のときと比べると、やはりご利用者の方と関わる時間は長くなります。

家族の一員として、生活をサポートするという役割で考えると、仕事はどんどん見つかると言います。
また、病院よりも看護師として活躍できる場、という方も多いです。

特養看護師としてのお仕事に興味がある方は、求人が多く掲載されている転職サイト、人材紹介会社などを利用して転職活動をされると、希望通りの情報を探しやすいでしょう。

今後、活用して頂きたい転職サイト、人材紹介会社などをご紹介していく予定です。